鋸山 日本寺 公式サイト | 境内案内:中腹エリア

境内案内

表参道エリア
中腹エリア
大仏広場
羅漢エリア
山頂エリア
境内案内トップにもどる

中腹エリア




呑海楼からの眺め
【呑海楼からの眺め】
呑海楼は江戸時代の建物で、休祭日に茶屋として公開しています。
※建築物維持および芝荒れ防止のため通常は非公開となっております。
頼朝蘇鉄
【頼朝蘇鉄】
源頼朝が再起を図った折に日本寺で武運を祈願し、自ら蘇鉄を手植えしたと伝えられる大蘇鉄です。
樹齢800年を超えています。
日本寺鐘(国指定重要文化財) 【日本寺鐘(国指定重要文化財)】
鐘銘には、初めに下野国佐野庄堀籠郷(栃木県佐野市掘米町) の天宝寺鐘として寄進され、60年を経て鎌倉五山の浄妙寺鐘となり、江戸湾を渡って日本寺鐘となった経緯が書かれてあります。
四方竹 【四方竹】
四角形の形をした珍しい竹です。
4月には周辺にシャガの花
が咲きます。
薬師本殿(醫王殿)
【薬師本殿(醫王殿)】
昭和十四年の大火によって焼失された後、復興計画の元、平成十九年に再建され、長い間仮本堂にあった日本寺の御本尊が移されています。
大黒堂
【大黒堂】
昭和十四年の大火によって焼失された後、復興計画の元、平成十七年に再建されました。弘法大師の彫られたと言い伝えられている大黒尊天が祀られています。(御前立は現代の名工渡辺貞光作)
通天窟
【通天窟】
当山曹洞九世高雅愚伝禅師と道元禅師、瑩山禅師を祀る。
このページのトップにもどる